仕事が精神的に辛い、行きたくない。会社に拘束されないためにはコレ

仕事が辛い、行きたくない
連休明けは特にそうですよね…
フクテツ
フクテツ

Hello! フクテツです!
副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。でも、物販業は楽しくなく…。

僕は楽しいことを追い求めたいんです! 詳しいプロフィールはこちら



もうね、今回は単なる思いをぶちまけようと思います

今回ぼくは会社員になって初めてと言っていい9連休という休暇をいただきました。

通常は5日間ある正月休暇が、今回は土日に挟まれていたので、9連休になりました。

いやー、長い正月休みが終りました…。

が、めーーーちゃ、早かったです。

9日がまるで3日くらいの感覚で過ぎていきました。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

あなたのお正月はいかがでしたか?



職場の同僚は、連休明けに仕事へ来るのが本当に嫌だったと、なんども嘆いていました。

連休が終わって出勤する朝にみた彼の夢が、ズル休みをする夢だったくらいですから。

それだけ休み明け(特に連休明け)に仕事に来るのが嫌なんですね。


僕も同感です。ほんっとに、会社に行くのが嫌です。

たいして仕事が楽しいわけでも、すごくしたいわけでもない仕事をするのが、本当に嫌です。

フクテツ
フクテツ

嫌な仕事が嫌だよー! 会社という名の檻が嫌だよー!

ヨメちゃん
ヨメちゃん

子どものイヤイヤ期じゃないんだから


あなたは嫌な仕事をしたくないと思いませんか?

嫌な仕事をしないで済む解放感を求めていないでしょうか?


僕は久しぶりに自分の求めている、解放的な空気に触れることができました。


会社員では得られない、精神的な解放感

精神的な解放感
精神的な解放感はなんともいえません



久々に会社員となった(そのわけはプロフィール参照)僕の初日の仕事は、お世話になっている取引先への挨拶まわりでした。


僕は以前自営業をしており、いまも自分の事務所があります(家賃の安いところです)。

この記事は自分の事務所で作成しています。

その自分の事務所に会社の忘れ物をしていたので、この日は昼休憩もかねて忘れ物を取りにいきました。

僕が久々に会社員になってから、仕事中に自分の事務所へ行くことは初めてです。


事務所でコンビニで買った昼食を済ませ、珈琲を淹れて飲み、昼寝。

それは本当に気の休まる時間でした。


以前に独りで仕事をしていたときのデジャブのような感じで、そのときの気楽な感覚や空気が蘇りました。


あのときは自分の好きなように作業をし、自分の好きなように休んで自分の好きなときに食事をしていました。

以前はこんな感じで事務所で仕事をしていました。

「これだなー。僕が精神的に求めていることは」

と、久しぶりに体感として思い出しました。


残業になっても自分のことなので仕方がありません。

しかも、自分の会社だから残業という感覚がないのです。

やったらやった分だけ返ってくる。それが起業なのです。



やっぱりいいんですね。

人にやらされる仕事」ではなく、「自分で決めた仕事」は。

独りの作業はなかなか孤独なときもありますが、僕には向いていました。

そのときの仕事はすごく気が楽でしたが、僕のしていた物販の仕事は本当にやりたい仕事ではなく、いまは会社員になっています(いまの自分の事務所でしているこの作業こそ、僕が本当にしたかったことです。いま会社員であることは我慢のときです)。


でも会社員って、やっぱりつまらないんですね。

なんだか、自分が思い描いていたのとちがうんです。

もっと気楽だと思ったのですが…(いちど自営業を経験してしまったからなんでしょうか?)。


会社に勤めるということは、

時間が束縛される

理不尽なことでも、取引先だからと頭を下げなければならない

上司や部下などの人間関係に気を遣う

無意味な会議にでなければならない

残業や早出を強要される

嫌でも行かないといけない

などなど、ストレスの要因は多々あります。



この記事の冒頭では、仕事が嫌だとわめくように書いていましたが、休みたい、休みたい、嫌だ、嫌だ、と愚痴っていてもなにも変わりません

嫌だというだけでは、まったくもって意味がないのです。


会社に行くのが嫌だったら、「いま」何をすべきなのか?

まずは、会社に行かなくても済む方法を考えなければいけません。

そのためには起業をして、いわゆる「会社」に行かなくても済むようにすることが、現在の僕の目標です。


そんな折に、会社に行かなくてはならない弊害として、先日こんなことがありました。

会社に自分が合わせている…。自分でコントロールできない。

鎖を繋がれている
会社に繋がれています



その日は子どもの学校が初日でした。

子どもは冬休み明けです。

小学校1年生の娘は準備に遅れて、学校へ行くのが遅れてひどく泣いていました。


会社員ではなかった以前の僕であれば、時間を自由に使えました。

いつも大体のんびり11時出勤でしたので、長男が1年生のときは学校へ行くのに、よく途中まで一緒に付き添ってあげたものです。


ですが、いまは会社へ行かないといけないのでそうはいきません。

娘「うわーん。パパと一緒に学校行きたいー!」

僕「パパはいまから仕事に行かなあかんからムリ!」

いまはこんなやりとりをよくしています。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

その時間、わたしは末っ子を保育園に送ってるし…




もちろん子供の準備ができていないことが1番の原因で、前日に準備をしていなかった子供が悪いのですが、まだ小学校1年生です。

甘いと言われようが、こんなときは長男にしてあげたように、娘を学校へ送ってやりたいのです。


なによりも、娘を学校へ送れない理由が、

「本当は送ってやりたいんだけど、会社に行かなければいけないから

という理由です。

この理由が僕はどうも嫌なのです。


これは、会社に自分が無理矢理あわせているということなので、本当はしたくないけど、仕方なく仕事をしている状態です。

会社にコントロールされていて、自分でコントロールできません。

娘を学校へ送れない理由が、

自分のしたい、大事な仕事があるから

なら良いのです。

これは自分が仕事にあわせているということなので、自分がしたい仕事をしている状態です。

自分でコントロールできます。


早く、会社に自分が合わせるのではなく、自分が仕事に合わせられるようになりたいです。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

要するに、自分の思うようにしたい、ってことね



優先順位を自分で決めるには、会社に勤めていては無理

優先順位を決める
自分の時間をなにに使うかは自分で決める



自分の思った通りにできるようになると、優先順位を自分で決められるので、振り回されることがありません。むしろ自分が振り回す立場になります。

結果、心にゆとりが持てるようになります。

フクテツ
フクテツ

「パパは仕事に行かなあかんからムリ!」って言わないで済みます

朝ゆっくり起きて遅い朝食を摂る

子供の平日参観日に出席する

子供が病気になったら病院に連れて行くこともできる

奥さんとランチを一緒に食べるために時間を作ることも可能

子供を保育園に連れて行くことも十分可能



優先順位を自分で決められると、これらが全て勤務時間と関係なく可能になります。


しかし、優先順位を自分で決められるようになるには、会社に勤めていては非常に難しいです。


そうなると1番手っ取り早い方法は、やっぱり起業することです。

どんなことで起業するのかにも寄りますが、インターネットを活用した次世代型の起業をすると、

自分の好きなように仕事ができる。

自分の好きなように時間を使える。

自分の好きなように収入をコントロールできる
 (やればやるだけ収入は得られます)。


つまり、優先順位を自分で決められるようになります。

僕は1日でも早く、自分の事務所で自分のしたい仕事をできるように、自分の好きなことで稼げるようになりたい! そう思いながら毎日を過ごしています。

あなたも僕と同様にそんな生活を目指しませんか?

僕は毎日少しずつですが、理想へ近づいています。

なにもしなければ、現状のままでなにも変わりません

そのまま歳を取っていきます。


ですが、起業には夢があります

メリットや先々の残りの人生を考えると、仕事においてやっぱり僕には起業することしか考えられないです。


リスクがなく、現代社会の流れに最適な次世代型の起業については、また今度記事にしたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑ランキングに参加しています。
ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!



フクテツ
フクテツ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
僕の詳しいプロフィールはこちらです。
よかったら見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました