子育てはお金がかかる! 最低いくら必要? ちまちま貯金するより金稼げ

子育てには結構お金がかかるらしいのです!

子供と勉強中
給料で充分足りそうですか?

フクテツ
フクテツ

Hello! フクテツです!
副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。しかし、物販業は個人的に楽しくなく…。

僕は常に楽しいことをしたいんです!

僕の詳しいプロフィールはこちら



ご存知でしょうか?

子育てにはお金がかかるらしいです。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

いまさらなに言ってんのよ


小さいうちはそれほどお金がかからないらしいのですが、中学・高校・大学と大きくなるにつれ、お金がかかってくるらしいのです。


いまウチの子は2人が小学生で1人が保育園なので、それほど考えていなかったのですが、最近ちょいちょい人に、「これからお金かかるよ〜」と脅されます。


そんなわけで、今回は僕の勉強も兼ねて……。

子どもにはどれくらいのお金が必要なのか、そんな記事を作成したいと思います。


子どもひとりあたり1000万円! いつ、どれくらいお金が必要?

生まれてから成人になるまで
生まれてから成人になるまで…


家庭状況にもよりけりなので一概には言えないのですが、ミルク代から食費、光熱費などなどすべてひっくるめて、1人の子どもが生まれてから成人になるまで、最低1000万円はかかると言われています。

フクテツ
フクテツ

ひっ、ひとり…、最低いっせんまん……


学費の内訳は以下のとおりです。

【幼稚園3年間の教育費用】

幼稚園に3歳から6歳まで3年間通った場合

公立幼稚園:69万円
私立幼稚園:144万円

↑幼稚園ではこれくらいの費用がかかります。

【小学校6年間の教育費用】

公立小学校:193万円
私立小学校:916万円

↑小学校の費用。この中には塾やお稽古などの費用も含まれているようで、その費用は月額1万8000円程度とのことです。

ヨメちゃん<br><br><br>
ヨメちゃん


私立小学校になるとめっちゃ高いのね〜

【中学校3年間の教育費用】

公立中学校:143万円
私立中学校:398万円

↑中学校。小学校と同様に、この中には塾やお稽古などの費用も含まれています。 費用の平均は月額2万5000円程度です。

【高校3年間の教育費用】

公立高校:135万円
私立高校:312万円

↑高校。上記同様に、塾などの月額費用の平均は1万9000円程度。大学の一般受験を考えるなら、プラス50万はみておいたほうがいいとのことです。

【大学4年間の教育費用】

国立大学:242万円
公立大学:254万円
私立文系:396万円
私立理系:539万円

↑大学。下宿などで仕送りが月7万円だとして考えると、4年間でプラス336万円の費用が必要になります。大学院の2年間を足した6年間だと、504万円になります。


高校までを全て学費の安い公立を選び、大学の中で比較的安い国立大学に入学したとしても、トータルで782万円です。


これらは学費だけの話ですので、この金額に食事代や光熱費、通信費、家賃、その他もろもろが加わり、子どもが生まれてから成人するまでに最低1000万円が必要ということになります。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

がんばって稼いでよね

 フクテツ
 フクテツ

ーーはい…。


子どもに希望校がある場合、あなたならどうしますか?

子どもが学びたいと言ってきたら?
子どもが学びたいと言ってきたら?


僕は正直にいうと、今の時代、学歴なんて関係ないと思っています。学歴なんてほんっとにどうでもいいと思っています。

だからといって、我が子が本心から学びたいことがあるのに、それを回避しなければならない状態が望ましいとは、決して思いません



例えば子どもが医者になりたい場合。

医者になるには医師国家試験に合格する必要があります。

医師国家試験を受けるには、大学の医学部、または医大を卒業していなくてはなりません

ヨメちゃん
ヨメちゃん

医者になるにはお金がかかるって、そういうことなのね




例えば子どもが芸術家になりたい場合。

高校卒業後、大学や短大、専門学校などで基礎的な知識を身に着けることが大切だと言われます。基礎的な知識を身に着けることと、同じ人種の集まる場で過ごすことは、いい刺激になるでしょう。普通の生活では得られない情報交換の場にもなります。

芸術家は生計を立てていくのが大変だと言われていますが、インターネットのある現代では僕は大変だとは思いません。

なにか少しでも突出した技術があるのであれば、サラリーマンなんかより稼ぎやすいと思えるくらいです。特別でなくてもいいです。

100人に一人くらいの人材であれば稼げます。


上記の例はほんの一例です。
ある職業に憧れて、そのためには大学や、難関な学歴を得なければならないこともあるようです。


自分の好きなことをするために学校へいくということですね。


こうなると応援してやりたくなるのが親心。


できる限り子どもの好きなように進ませてやりたい。
できれば子どもの可能性を狭めるようなことはしたくない。


では、現実に自分の子どもが進学したいと頼みにきたとき、


「金なら俺にまかせろ」


と、胸を張って堂々と言ってやれるでしょうか?


奨学金は借金。返還(返済)ができずに自己破産する人も…

雇われ人
雇われ人の収入はたかだかしれています…


子どもを希望する学校に行かせてやりたいからといって、奨学金には手を出さない方が懸命です。

給付型の奨学金は「もらえる」ます。しかし、そのためには条件があり、よほど成績が優秀で、よほど生活状況が厳しい人が対象になります。

奨学金を受けている人のほとんどが貸与型です。

「貸与型」の奨学金とは、一言でいえば「借金」です。
つまり、借金をして修学するのが奨学金です。


僕の友人が飲みにいくと愚痴を言います。

友人の奥さんは奨学金で大学を卒業しました。

しかしその奨学金は借りた本人の借金で(学生であっても)、結婚した相手である友人が現在も支払っているというのです。

奨学金は親や親戚が保証人になっていることが大半で、多重債務に陥ったり、親子で連鎖破産したり、僕の友人のような例(配偶者が支払う)でもトラブルになりやすいです。

結果、返すことができずに自己破産になってしまうケースも多々あります。


奨学金を検討する際は、そのあたりも踏まえてよく考えてほしいのですが、奨学金を借りずに済むならそれに越したことはありませんよね。


「金なら俺にまかせろ」と、ドヤ顔で子どもに言いたい

ドヤ顔
ドヤ顔で言いたいですね


親が奨学金の保証人になるのは、子どもが可愛いが故なのですが、それ以前に子どもが借金を背負うことを考えてください。

なにより、奨学金に手を出さないで済むなら、それに越したことはありません。



僕は常々こう思っています。


雇われ人ではダメだ


結局のところ、雇われ人が稼げる金額はたかだかしれています。

そんな給料で貯金をしてもたかだかしれています。


奨学金に手を出さないで済むようになるには、よほどの収入がない限り、雇われ人ではダメです。


嫁さんや家族の負担にならず、自分が負担にならないやり方はないものか。


それでいて会社に勤めるストレスがない


嫌な人付き合いもない


休みも自由に決められて、不労所得だって夢じゃない


これら全てを解決できるのは、よほどの金持ちか、リスクのある投資、または「起業」しかないでしょう。


僕は現在、ふたたび「起業」を目指しています。

いまの世の中であれば、学び方ややり方により、リスクなく起業することが充分に可能です。



子どもが進学したいと言ってきたとき、

「金なら俺にまかせろ」と自信を持って言えるように、起業して稼ぐことを一緒に目指しませんか?


僕は本気でそれをやろうとしていますし、

僕は本気で起業することをオススメします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑ランキングに参加しています。
ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!



フクテツ
フクテツ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
僕の詳しいプロフィールはこちらです。
よかったら見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました