誘惑に負けてしまう自分をコントロール。5秒で出来るものすごくカンタンな方法

驚くほどカンタンです


フクテツ
フクテツ

Hello! フクテツです!
副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。しかし、物販業は楽しくなく…。

僕は楽しいことを追い求めたいんです! 詳しいプロフィールはこちら



なかなか仕事が進まない…。いつの間にか時間が過ぎている…。

あなたはこんなことありませんか?



・やらなきゃいけないことがあるのになかなか集中できなくて捗らない…。


・やらなきゃいけないことがあるのに、ついついちがうことをしてしまい、いつの間にか時間が過ぎている…。


・やらなきゃいけないことはいろいろあるのに、結局なにひとつ終わらなかった…。



こういうことが、あることをするだけで改善されました。

しかも、ものすごくカンタンな方法です。


答えから書きますね。



それは、


スマホを離れた場所に置く」


です。



カンタンでしょ?



2019年2月の時点でスマホ、フューチャーフォン(以下ガラケー)など、携帯電話の普及率は96.5%。そのうち、スマホの普及率は85%にも上ります。


使い方によってスマホはこの上なく非常に便利なのですが、その反面、集中力を削ぎ落とす道具でもあります。


僕も以前はよく、アプリの通知が鳴ると気になってすぐに見ていました。

すぐに見ないまでも、スマホを開いたときにアプリに通知のバッチがついていると消したくなるのが心情です。

それでまたアプリを開く。


ですが、これは非常に良くないことです。


おそらく、あなたが思っている以上に良くないことなのです。


集中力が途切れると、集中力を戻すのに23分もかかる

集中できている時間は大事です

カリフォルニア大学で情報科学を研究するグロリア・マーク氏の実験によると、人が集中した状態から、それを遮ぎるような刺激を与えると、集中していた状態に戻るまで23分の時間が必要、という実験データがあります。

これは、集中しているときにスマホの通知がきて、少しみるつもりでスマホを見ているうちにあっという間に20〜30分は過ぎていた、という話ではありません。


ノリに乗って集中できていた状態が一度途切れてしまうと、そのノリに乗っていた状態に戻すのは非常に困難な状況になるというのです。


できていたはずの作業が、一瞬の通知音によって止まり、さらにスマホを眺めてしまうと、そのうちに数10分の時間が過ぎ、集中力を取り戻すのにさらに時間がかかり、結果その日のうちにできなくなる。


できていたであろうことができなかった。

いわゆる、機会損失 です。


やりきれていたはずの作業が終わらず、別の日に持ち越し、さらにスマホの通知でまた別の作業が持ち越され…。


一体どれだけ先延ばしになっていることでしょう。

数10分どころの話ではありません。


スマート・ウォッチも便利だが、使い方によっては…


スマート・ウォッチも非常に便利なモノだと思います。

ですが使い方によっては、この上なく集中力を削ぎ落としてくれます

職場の平成生まれの子はスマートウォッチを付けて仕事をしているのですが、アプリの通知が届くように設定しているようで、スマートウォッチにバイブで通知が届きます。

その度に彼は届いた情報を確認しているのですが、それが自分にとってどのような弊害を及ぼしているのか認識できていません。

例えば、彼が書類の作成中、彼のスマートウォッチに天気予報の通知がきました。

次にスマホで確認します。

そしてこう教えてくれました。

「雨がもうすぐ降ってくるみたいです。このアプリ、どれくらいになったら雨が止むかもわかるのでホント便利ッスよ」

ですが、僕たちの仕事では雨が降ろうが止もうがそれほど重要じゃない

その後書類を作っていた彼の作業は中断したまま、しばらくスマホを眺めてなにやらいじっていました。

結局、彼は最初にはじめた書類を作り終えることなく、次にやらねばならない仕事の時間がきました。

この天気予報の通知がなければ、集中して作業し、書類1枚を完成させられました。


集中力が切れることは、自分が思っている以上に作業に悪影響を及ぼしています。

作業を中断することは時間を分散しているので、その度に集中力が途切れどんどん作業を長引かせます。


さらにストレスにもなります。

それは、日々の生活にも悪影響を及ぼします。


振り回されるのは損失でありストレス。心身にも良くない

振り回されないように…

要するになにが言いたいかというと、「振り回されるのは心身ともによくない」ということです。

集中力が途切れるのはもとより、なんらかの作業中にスマホの通知を見る時点で、自分をコントロールできていない状態です。

しかも、自分で選んだアプリを活用し、自分のことは自分でコントロールしているつもりになっているからタチが悪いのです。


もっと根本的に考えてみましょう。

アプリが通知を出す大きな目的は、注目を集めたいからです。

アプリを開いてみてもらうことで収益アップの確率が上がるからです。




〈あなたの知りたかった情報、お得な情報が届きましたよー。見て! 〉


〈どんな内容か気になるでしょ? 見て! 〉


〈これ、欲しかったものではないですか? 見て! 〉



と、暗に言っているのが、アプリの通知です。

見ないと損をしてしまう、見ないと気になる、と思ってしまうのが心情で、ついつい見てしまいます。

これで見てしまうのは、自分をコントロールできていない状態です。

考え方を変えてみると、自分がしようとしていることを邪魔をされているのです。

自分がしようとしていることを中断されるということは、結果的に損失です。

しかもそれが積み重なっていくと、非常に大きな損失になります。


自分が本当にしたいこと(目標があるとき)をするときは、

〝そのときだけでもスマホを遠くに置く〟ようする。

まずはこれを習慣にしてください。

フクテツ
フクテツ

音が鳴ると気になって中断の原因になります。なので、通知も聞こえないようにしてください。通知をオフにするのが理想です



僕が作業に集中したいとき、スマホは玄関においています。


そのためにスマホ置きを買いました。


スマホを自分から離してしまうことをしっかり習慣にするために、ちょっとお高いのお気に入りのスマホ置きを買うのもいいですね。

使わないともったいないので、ちゃんと使う(遠くに置く)ようになります(笑)。


やろうと決めた作業が予定通りにこなせるようになると、本当に気分がいいものですよ。

これは僕が実感として感じていることです。

少しでも参考になれば幸いです。

こちらと合わせて活用すると効果絶大!→【三日坊主にならない方法】 習慣の定着に必要な期間は何日?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑ランキングに参加しています。
ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!



フクテツ
フクテツ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
僕の詳しいプロフィールはこちらです。
よかったら見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました