自分で稼ぐ時代。会社勤めだけでは危険! 時間を浪費せず、自分に投資せよ

「会社勤め=安定」の時代ではない! 自分で稼ぐ時代に突入

好きな場所で仕事
好きな時間に仕事ができるといいですよね?

フクテツ
フクテツ

Hello! フクテツです!
副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。しかし、物販業は個人的におもしろくなく…。

常に楽しいことを追い求めたいんです! 僕の詳しいプロフィールはこちら



学歴はある方がいい? 大企業に勤めて年収が高い方がいい?

あなたは現代社会を生きるために、このようにお考えでしょうか?


「やっぱり学歴はあった方がいい」

「大企業に勤めて年収が高い方がいい」


一般的によく言われることですね。


ところが、現代はそうでもないのです。

僕が子どものころはまだまだ学歴社会で(いまもかな?)、高学歴の大学へ行って、大企業に就職。多額の月給、多額のボーナスが貰え、やがて結婚をしてマイカー購入。


子どもには充分な教育費が払えて、住宅ローンを組んでマイホームを買い、医療保障も充実していて、老後の蓄えはもちろん、年金だけでも十分暮らしていける。


理想といえばこのような状態。


だから大人はこぞってこう言いました。


「大企業へ就職できるように、一生懸命勉強をして立派な大人になりなさい。そうすれば一生安泰だから」


僕が子どもの頃はそんな時代でした。



そんな中、勉強もせず遊んでばかりいる僕に、小学校の担任の先生はこう言いました。


「中学になってもこのまま遊びつづけてたら、ろくな大人になられへんで!」


眉間にシワを寄せた顔で、なんども言われました。

フクテツ
フクテツ

表情まで覚えています…見開いた目が怖かったです



勉強をまったくしない僕の学力を知った先生が、当時の学歴社会から想像をして心配してくれたのだと、前向きに解釈していますけど。

高校を辞めるときも、せめて高校だけでも行っておいた方がいい、と、母親はもちろんのこと、いろんな人に言われました(不思議と父親はなにも言わなかったのですが)。


高校くらいは行っておかないと、仕事の選択肢が減るどころか、面接前に落とされる。


はっきりいってしまえば、ろくな仕事がない。そう思われていたのです。


仕事に貴賤(きせん)はない(人を職業で差別すべきでないという意味)といいますが、僕が子どもの頃は、現代よりもあからさまにそういう風潮でした。


そんな時代に僕はまったく勉強をせず、中学英語ですら0点を取るほどの実力の持ち主でした。



ですが、いま僕は学歴がなくてもなんてことはありません


鎖に繋がれているサラリーマンは嫌だ!

社畜サラリーマン
いいように使われる社畜は辛いです…

僕が初めてバイトをしたのが16歳のときで、それは当時、プロ野球球団が持てるほどの大手スーパーでした。


その大手スーパーのミート部門に配属され、ミンチ肉を作ったり、店頭に並んでいる商品が少なくなったら補充したり。そんな仕事をしていました。


仕事が終わり、ロッカーで着替えていると隣の社員さんにこんな質問をされました。


「きみは将来どんな仕事をしたいの?」


いま思い出しても顔が赤くなるくらい非常にお恥ずかしい話ですが、当時の僕はサラリーマンといえば、スーツを着て会社に行っている人のことだと思っていたのです。

フクテツ
フクテツ

はずかしーーーー!!



でも、このスーパーで仕事をしている社員さんたちはスーツではなく普段着でした。

だから僕は彼らをサラリーマンだとは思っていませんでした。

そんな僕はこう答えました。


「うーん。まだなんにも考えてないですけど、サラリーマンは嫌ですね〜


きっと社員さんの胸にグサリと刺さったのでしょう。

一呼吸おいたあと、社員さんは静かにこう言いました。


「………俺だって、昔はバンドをやってたんだ。本当はずっとバンドをやりたかったよ…」


でも、これが僕の正直な気持ちでした。


〈サラリーマン=人に雇われる→自分の思うようにできない


これが嫌なのは、いまも昔も変わりません。

だから、いまも大企業やいい会社にはいりたいとも思わないですし、

ヨメちゃん
ヨメちゃん

思っても無理だけどね

自分で稼いでいこうとしか考えていないです。

いまはたしかに会社員もしていますが、これはあくまでも最低限の生活費を稼ぐためのものです。

フクテツ
フクテツ

ちゃんと真面目に仕事はしています


僕は自分の時間を作るために会社員をやっているのです。

現在の目的は、フリーランスで自分で稼げるようになって独立することです。


レールがない時代。自由にどこへだっていける

レールがない
レールがない時代。可能性が広がった時代

考えようによっては、ある意味では難しい時代になったのかもしれません。


現代はこれまでのように、頑張って勉強をしていい大学に入ればレールが敷かれていて、そのレールの上を走れば安泰とは限らなくなってきました


大企業や銀行が倒産する時代です。


与えられる仕事しかできないようでは、就活で苦労するでしょう。


企業も与える仕事をこなす人材を望まなくなってきています。そんな仕事はコンピューターがしてくれるからです。


その流れは、今後どんどん加速していきます。


自分で考えて行動をし、自分で考えて自分でなにかを始めたほうがいい時代になってきました。

また、就職してももちろんいいのですが、会社だけに頼らず、もう一つの柱(副業)を持っておいたほうがいい時代になってきたのは間違いありません



実例でいうなら、社員もバイトも元気よく、とても気持ちのいいガソリンスタンドがありました。

そこは人気で混むことがおおく、渋滞になることもしばしば。利用客が多いガソリンスタンドでした。

ところが、急にそのガソリンスタンドが閉鎖になったかと思いきや、やがてリニューアルオープンしました。


セルフサービスになっていたのです。

フクテツ
フクテツ

お気に入りのガソリンスタンドだったのに…


僕は常連だったので、たまに従業員とも話をしていたのですが、知っている従業員は全員いなくなりました。


移動またはリストラです。


会社の都合のいいように使われています



上記の例はまだ予測ができたとは思いますが、テクノロジーの進歩が著しいこれからの時代、いつなにがどう変わるのか、予測のつかないことが多くなってきます。


スマホの登場で、間接的に仕事が無くなった人も多いことでしょう。


例えば現在カーナビは売れていません


ご存知、グーグルマップやアップルのマップの方が見やすく使いやすく、しかも無料だからです。

スマホが登場する前は、まさかカーナビが売れなくなるなんて誰も予想していませんでした。


現在は音楽配信が主流で、CDも売れなくなっています。

一昔前には存在した「CDショップ」も、ネットの普及でいまはほとんど見かけなくなりました。




夫婦共働きが当たりまえの世の中です。共働き世帯が増加しています。

共働きでないと生活が厳しい時代です。


子どもは欲しいけど、いまの収入では養っていけないと、あえて子どもを作らない友人もいます。


いまの僕は、朝から仕事へ行って、仕事が終われば自分の事務所へ行き、そこから今度は自分の作業をする。


そんな毎日の繰り返しです(ちなみにいまはワードプレス(ブログ作成ソフト)の作業で頭の中がこんがらがっていますが)。

これはなんのためかというと、もう一つの柱を作るためです。

毎日帰宅は23時から0時ですが、このことが大変だとは思いません。作業が楽しいので基本的にストレスにもなっていません。

僕はこれが習慣になっています。習慣になってしまうと側から見て大変そうでも案外楽なのです。またこの習慣には目的があり、その目的は自分の理想だからです。


その 理想にちかづくために毎日時間を使っている わけです。


時間を浪費せず、未来の自分に「時間を投資」せよ

未来の自分に時間投資

職場で働いている平成生まれの若い子たちを見ていると、仕事終わりに毎日携帯ゲームをやっています。帰る間際には、「じゃ、またあとで」(オンライン上で)といって帰っていきます。

大丈夫かな? と過去の自分も同じだったからこそ思ってしまいます。


若いうちからいまの僕のような時間の使い方ができれば、僕のような遠回りをしないで済むのに…と、考えてしまいます(説教おじさんになってしまうので、いまは言いませんが…)。

ゲームなどの娯楽はたしかに楽しいです。でも、それで日本一や世界一を目指すならいいのですが、ただ楽しいだけではなにも残りません。


限りある時間を湯水のように垂れ流しているのです。


いま楽な方に流されないで、その 時間を未来の自分に投資 できれば、数年後、いや、場合によっては数ヶ月後に自分にとって理想の状態(例えば、会社をやめても収入が得られる状態)が手に入れられる可能性があります。


そんな理想の状態を手にする可能性が高いのに、ゲームやユーチューブに時間を注ぎ込み、チャンスをみすみす逃しているのです。


きっと、もっと人生を楽しく豊かに過ごせるのに。

現代はそのチャンスに恵まれているのに。


と、そう思わずにはいられません。

自分で稼げるようになって、理想の状態を手に入れてから存分にゲームをすればいいのです。

いま、そこに時間を注ぎ込むのはもったいない。



中学のときに0点を取っていた、落ちこぼれの僕でも勝負できる時代が現代社会です。

結論として、


「学歴なんてなくてもいい」

「会社にすら勤めなくていい」



理想の生活は掴めます。


僕にとって、きっとあなたにとっても、現代はいい時代なのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑ランキングに参加しています。
ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!

他の関連サイトもみられます!



フクテツ
フクテツ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
僕の詳しいプロフィールはこちらです。
よかったら見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました