本気でくやしい…。どうしても知って欲しい1番大切な時間について

1番大切なことです


フクテツ
フクテツ

Hello! フクテツです!
副業で物販業を始め、専業物販スタート後、半年で月商412万円を達成しました。しかし、物販業は楽しくなく…。

僕は楽しいことを追い求めたいんです! 詳しいプロフィールはこちら



いきなりですが質問です。
あなたは〝時間〟についてどのようにお考えでしょうか?

お恥ずかしながら、僕がわかい頃は、時間についてなーんにも考えていませんでした。

人生の教科書ともいえる本、
『7つの習慣』を書いた、スティーブン・コヴィーの格言でこういうものがあります。

【1番大切なことは、1番大切なことを、1番大切にすることである】

(ちなみに『7つの習慣』は読みやすい漫画のタイプもあります)

『7つの習慣』スティーブン・コヴィー


僕はこの格言を、こう解釈しています。


無駄なことに時間を使うな。時間は1番大切なことに使うべきである。


1番身近にあるモノにより、時間の使い方が劇的に変化

「時間」って、いつの間にか過ぎていませんか?

光陰矢の如しといいますが、本当に時間が過ぎるのははやいです。

年を重ねていくにつれて、時間の経過が年々はやくなっています。

僕なんて1週間がまるで1日の如く感じています。

「えっ、もう金曜日⁉️」って感じです。

時間の使い方は、パソコンが手のひらサイズになったスマホの登場でガラリと変わりました。

スマホのアイコンイメージ
スマホで世の中が劇的に変化

いろんな人と繋がることのできるSNSをチェックしたり、写真や動画をアップしたり。

ユーチューブで勉強になる動画や楽しい動画をみたり。

書籍もマンガもスマホで読めるようになりました。

メルカリの登場で個人売買がスマホでカンタンにできるようになりました。

例えば廃盤などで入手困難だったモノを買うことできるようになり、自分はいらないけど、他の人は欲しい商品は売ることができます。

いまでは普通ですが、これって実はものすごいことなのです。

フリーマーケットで探すしか手段はなかったのですから。

運良くみつかればラッキー程度だったものが、いまではピンポイントで見つけられるようになったわけです。


お店の予約や、様々なチケットもスマホで買えます。

スマホ決済では財布が必要なくなります。

ニュースも天気予報も乗り換え案内も、行き先のナビゲーションも、ゲームも、もちろん自分の知りたい情報の検索もスマホ。


アプリはどんどん便利になり、自分の欲する、自分にあったものが手に入る。

魔法の道具。それがスマホなのです。

(スマホを発明したスティーブ・ジョブズですら、ここまで広がるとは思っていなかったようです)

僕はスマホを持つようになってから本当に「ひま〜」と言うことがなくなりました。

暇があればスマホをみればいいからです。

現代は 時間をなにに使うか、選び放題 なのです。

一方で自由であるが故に、誘惑に溢れていると言ってもいいでしょう。

お金の課金が必要であったり、時間の制限があったりすればまだしも、無料アプリが多いので、ついついスマホを触ってしまいます。

そして、最初にやろうとしていたことからいつの間にか離れていき、あれ? 何をしようとしてたんだっけ? と、考えることもしばしばあります。

無料アプリでお金の無駄遣いはせずとも、気づかないうちに時間の無駄遣いをしていることが多々あります。

しかしながら、時間は無限ではありません


時間をどのように使うかによって、この先の人生がどうなるのか、その方向性が変わってきます。


年を取るということへの理解。時間は戻らない

僕がわかい頃は自分が年を取ることに対し、なんとなく理解しているつもりでした。
しかし、それはあくまでも〝理解をしているつもり〟でした。

いま思うと、わかい頃の自分の時間は、まるで止まっているかのように感じていました。

電車の中でよくある光景。仕事に疲れ、大きな口を開けて熟睡しているおじさん。

そんなサラリーマンをみて「ああはなりたくない」と眺めていました。


あれから20年以上が過ぎ、いまは自分が仕事で疲れているおじさんになっています(酔っ払って電車で熟睡してしまうことがたまにあります)。

椅子に座ってうなだれる
心底、疲れてます

なぜわかい頃は自分が年を取ることを理解しているつもりでも、はっきりと認識できないのか?
わかいときは年を取ったことがないからです。

まだ自分の身に起きていないので実感がしにくい。

いまの職場にはわかい子たちがいます。みんな平成生まれです。

素直で仕事もしっかりするし、みんな良い子たちです(ときどき遅刻もしますが、まあ、よしとしましょう)。

僕はタバコを30歳のときにやめたのですが、職場の若い子たちはみんな喫煙者で、仕事が終わっては喫煙所へいき、タバコを吸いつつスマホの無料オンライン・ゲームをしながら、

「パチンコやりてー」

「今日パチンコ行く?」

などと話しています。

僕は彼らに説教をするつもりは毛頭ありません。

彼らの年齢の頃に自分はどうだったかというと、まったく同じだったからです。



ちなみに、自分の場合はどうだったか考えてみると、



・歩きタバコは当たり前。


・パチンコへは毎日のようにいく(パチンコで1万円負けて、1万円あったらこんなこともできたのに…と後悔していました)。


・UFOキャッチャーで頻繁に何千円も無駄遣い(1番ひどいときで1個取るのに1万円かかったこともあります)。


・毎晩のように飲み歩き、同僚と愚痴を言い合う。


・友達と昼からゲームで遊び、気がつけば翌朝だったこともある。



…むしろいまの彼らよりひどい状況でしょう。

貴重な時間を湯水の如くつかっていました…。


そこで僕が思うのは、あのときの時間をもっと大事なことに使えていれば、今頃どうなっていたのだろうか? ということです。


本気でくやしい。もっとはやく気づいていれば…

くやしいー!!

あのときに自分はどうなりたいのか、そのビジョンが明確になっていて、そのためにはどう行動すればいいのか考えていたら…。

たとえば過去の自分を思い出して、先々どうなりたいのか理想を考えてみると、



  • 出勤という概念を無くしたい(毎日朝に起きて、仕事に行くのがつらい)。

  • 休暇も自由に取れるようにしたい(人混みを避けたいので、わざと平日を休みにし、空いているディズニーランドやキャンプを楽しめる)。

  • 上司や取引先に左右されずに、自分の思うようにできる仕事がしたい。

  • 好きなことでストレスを抱えなくて済むようにしたい。

  • 充分な収入がある仕事に就きたい。


上記の内容にあてはまる仕事が、目的になったと思います(いま流行りのフリーランスですね)。

もちろん、いま過去のことを考えたところで時間は戻りません。
僕の現在は、なんにも変わりません。


しかし、いま現在、無駄な時間を使っていることを少しでも自覚している人がいるならば

時間の使い方を変えた方が絶対にいい!!!

ということを、メガホンを使ってあなたの鼓膜が震えるほど声を大にして伝えたいのです。

僕が声高に叫びたいのは、もし10年早くこのことに気づいていれば、僕の理想が10年早まっていたからです。

その差は非常に大きい。

たとえ遠回りしようとも、早く気がつけばそのぶん理想は早くやってくるのです。

時間が戻らないことなんてわかっていると思いますが、本当の意味で気づいて欲しいのです。

なぜなら、なぜもっとアンテナを張っていなかったのか、僕本気で悔しいから です。

(具体的な時間の有効な使い方と考え方は、後日書きたいと思います)

職場の平成生まれの子もこんなことを言っていました。


「正直、働きたくないんスよー。宝くじ当たらんかなー」


実際は宝くじの当選を待つより、自分で稼ぐことを考えたほうが確率は随分高いものです。

1年間に1億円以上の宝くじが当たる当選数よりも、1年間に1億円以上稼いでいる人の方が圧倒的に多いからです。


しかも、運の良いことに、インターネットが普及しインフラが整った現代は、可能性に満ち溢れています


1番大切なことを1番大切にする…その1番大切なこととは?

【1番大切なことは、1番大切なことを、1番大切にすることである】
                          スティーブン・コヴィー



1番大切なことは、時間 です。

時間はお金では買えません(タクシーを使ったり、お金で時短はできますが、ここでは意味がちがいます)。

時間がなければ、大切な人と過ごせません。

僕は家族と過ごす時間を大切にしたいです。

家族と一緒に旅行やキャンプを楽しみたいし、

子どもと一緒にたっぷり遊びたいし、

嫁さんと一緒にデートをしたいです。

楽しみながら仕事をしたいです。

楽しみながらする仕事で稼げるようになりたいです。

家族でのんびり散歩
家族で過ごす時間を大事にしたいです



逆に言えば、

休みの日に疲れたといって、家でゴロゴロしたくないんです。

翌日の仕事が気になるから、日曜に出かけるのを控えるなんてしたくないんです。

それは、仕事で疲れたくないということです。

仕事で疲れるのは、やりたくないことを無理しているからです。

自分がしたい仕事で疲れるのは、遊びで疲れるのと同じで、また別モノです。

そのように考えても、理想の時間を手に入れるためには、やはりサラリーマンでは難しいでしょう。


貴重で大切な自分の時間を、理想の時間に使えるようになるには、いまの時間の使い方を変える必要があります

それは、無駄なことに時間を使わなくなることなので、日常が充実してきます。

欲望や誘惑に惑わされにくくなるのは、とても気持ちのいいものです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑ランキングに参加しています。
ポチしていただけるとすごく喜びます! よろしくお願いします!



フクテツ
フクテツ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
僕の詳しいプロフィールはこちらです。
よかったら見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました